田村建築設計事務所    
TAMURA ARCHITECTS
 
               
光が丘の終の家

光が丘に住む団塊世代の夫婦が、子育て卒業後これからの生活を愉しむため、20年住んでいた旧公団分譲マンションを”終の棲家”として、全面リノベ―ション。

子供が使っていた部屋をそれぞれの仕事部屋に。

大人数の接客が可能なリビング空間とした。

西向きのワイドスパンな間取りを活かし、公園の緑がぐっと近くに感じるようになった。

部屋の仕切りは、木箱で間仕切り一間の高さまでとし、引戸・欄間をつかいフレキシビリティーのある空間に。

玄関を開けると木の香りが漂い「東京じゃないみたい、別荘みたい」という客人も。

住所: 練馬区光が丘

用途:共同住宅

工事面積:90.6u

構造:SRC

築年数:22年

施工期間:2.5ヶ月

施工:STUDIO UT

完成写真photo by:
淺川 敏(一部除く)
               
工事のプロセス

step-1

 

↓ 

 

 

着工後、まず壁や床を全部取り去ったスケルトンの状態に。
     
 

step-2

 

↓ 

 

 

床下地材を貼っている状態。この下にはケナフの遮音材が敷き詰められており、家具の下の台輪も同時に設置。

     
 

step-3

 

↓ 

小上りの畳の下の収納の箱を設置した様子。
     
 

step-4

 

↓ 

大工さんが、ひたすら木のハコをつくっている様子。
     
 

step-5

 

↓ 

木のハコが積まれて立ち上がってきた。
     
 

step-6

 

↓ 

木のハコの高さをそろえたので上から光が入る。
     
 

step-7

 

↓ 

完成!
     
 

step-8

完成披露のホームパーティー!
     
その後の変化
........
         

 

2009.秋 

ノグチとナカシマが小上りと向き合う。

   
 

2010.初夏

小上りに文机が追加。寝室から読書空間へ。

 

 

 

 

   
               
       
 
田村建築設計事務所  〒179-0072東京都練馬区光が丘7-3-4-1001 TEL : 03-5998-6607 e-mai l : info@tamurarch.com